途上国とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開発途上国の定義は国際機関によって様々ですが、一般にはOECDの開発援助委員会(DAC)が作成している「援助受取国・地域リスト」に掲載される国を開発途上国とされています。直近では2008年に改訂されています。

  さらにその中でも特に貧しい国を後開発途上国(最貧国)として国連が定めており、現在では49カ国がこの後開発途上国であるとされています。

このページではそんな開発途上国の現状を紹介していきます。