7期スタディーツアー紹介3

⑤その他(つづき) 

 首都プノンペンでのプログラムを終えた後はアンコールワット遺跡群で有名なシェムリアップへ。スピードボートでアジア最大級の淡水湖トンレサップ湖を渡りました。風がとても気持ちよかったです。

 最終日はアンコール・ワット観光で締めくくり。さすが世界遺産というだけあって非常に大規模かつ精巧に作られていました。建設の歴史的・宗教的背景を知った上で見るとまた違った面白さを感じることが出来ます。

 最左の写真は朝日に映えるアンコール・ワット。早朝5時に起きての出発ということでかなり体には堪えましたが、遺跡の後ろから朝日が昇ってくる様子は感慨深いものでした。

 最右は踊るシヴァ神。アンコール遺跡群は基本的に ヒンドゥー教を題材としており、こういったレリーフが遺跡の至る所に見られます。